必要な値段と経緯

自習室

光学ディスクは複製目的で多くの人に愛用されています。パソコンに備え付けられているソフトウェアを利用すれば、特定のディスクをコピーする事は可能です。しかしパソコンは複製を目的に製品化されていないので、1枚ずつのディスクコピーしかできない欠点があります。 それを解決するために複製専門マシンのデュプリケーターと呼ばれるものがあります。デュプリケーターの取引価格が以前よりも下降している事は間違いありません。登場したばかりの頃は複製以外の用途が存在しないにも関わらず、パソコンよりも高い値段で販売されていました。パソコンの値段も下落しているため、未だにデュプリケーターの方が割高である事に変化はありません。しかし機器の価格の差は確実に縮んでいます。

メディアのコピーが横行するようになったのは、パソコンの普及が進んでからでした。それはパソコンが再生マシンとしても優れていたからです。映像や音楽のデータを気軽に保存できる光学ディスクの売れ行きは、パソコンの浸透が影響して素晴らしかったと言われています。 デュプリケーターが登場したのは、光学ディスクを同時に複製したいという需要があったからです。大量生産を考える場合には工場へ依頼するやり方が一般的でしたが、一定数以上の発注をしなければ多大な出費を求められました。複製した光学ディスクを配布する目処が立たなければ、工場への依頼をすべきではないという事です。デュプリケーターが登場した事によって、100枚程度のディスクを複製するのは簡単になりました。